お知らせ

令和2年度 生活習慣病健診を実施します

当組合では、疾病予防対策の一環として、令和2年度中に満30歳以上の誕生日(平成3年3月31日生まれ以前の方)を迎えられる被保険者および被扶養者の方を対象に「生活習慣病健診」を下記のとおり実施いたします。

 

ご希望の方は当組合保健事業課までお申し込みください。

令和2年度生活習慣病健診概要
実施期間 令和2年4月1日から 令和3年3月31日まで
健診機関 当組合の契約健診機関はこちらからご確認ください 
対象者 令和2年度中に満30歳以上の誕生日(平成3年3月31日生以前の方)を迎え、健診当日に当健康保険組合の資格がある被保険者および被扶養者で年度一回限りの受診とします。
ただし、女性の被保険者および被扶養者を対象に実施する巡回(婦人)健診(6月~1月実施予定)を受診される場合はこの健診を受けることはできません。また、健診の法定項目を満たしている為、事業所の定期健康診断としてもご利用できます。(※30歳以上から)
検査項目 身体測定(身長・体重・腹囲)・視力・聴力・医師の問診・血圧・尿検査・心電図・胸部X線・胃部X線・血液検査(貧血・肝機能・腎機能・脂質・血糖)・眼底カメラ
受診者
負担金
1人 4,000円
当日健診機関の窓口でお支払いください。
※オプション検査分は全額自己負担となります。
予約申込
方法
直接健診機関へ健診日の予約をしてください。
※予約の際には、必ず[生活習慣病健診]の確認と、健康保険組合名 ・事業所名・ 氏名・被保険者証(保険証カード)の記号・番号を申し出てください。
申込書受付 令和2年3月2日(月)から
※健診機関で予約が取れましたら、「生活習慣病健診申込書」に必要事項を記入のうえ当組合保健事業課へ提出してください。
令和元年度から申込用紙の書式が変更となりましたので、新しい申込書をご使用ください。
(変更点:健診データの提供同意チェック欄を追加しました。同意により事業所にデータ提供が可能となります。)

※やむを得ず日程の変更または取消しをする場合、当組合保健事業課および健診機関に、必ずその旨を連絡してください。
その他 愛知県外在住の対象者が指定健診機関以外で受診された場合には、補助金の支給対象となりますので次の要領で健診を受けてください(生活習慣病健診申込書も提出してください)。
(1)各自で健診機関に申し込み、健診機関の定める方法で受診してください。
(2)検査項目は、前記「検査項目」の内容とします。
(前記の検査項目以外の検査は自己負担となります。また、この検査項目をすべて満たしていない場合は補助金の支給対象になりませんのでご注意ください。)
(3)受診に際しては、健診料金を全額支払ってから当組合指定の補助金請求書に健診機関の領収書(写可)・健診結果票(写)を添えて請求してください。
(4)補助金の支給額は受診者負担金4,000円を控除した額とします。
※オプション検査分は全額自己負担となります。
補助金請求者(39歳以上)の方にお願い
40歳以上の方を対象に、特定健康診査の実施が医療保険者(ナオリ健保)に義務化されております。この生活習慣病健診検査項目に特定健康診査検査項目が含まれていますので、生活習慣病健診を受診したことにより、特定健康診査受診とみなします。よって、特定健康診査として検査結果を階層化しますので、特定健診22項目の質問票を補助金請求時に必ず提出してください。

*「生活習慣病健診申込書」、「健診補助金請求書」は当組合保健事業課でお渡しいたしますのでご連絡ください。

*この健診にお申込みいただく際の個人情報は、当組合の有資格者であることの確認、健診機関における受健者の確認、健診結果を送付するための情報に限定し、それ以外の目的には使用いたしません。
当組合では健診機関に健診費用を支払う際に、組合が指定した健診内容で検査が実施されているかどうかを判断するため、健診機関より健診結果の報告を受けています。また、みなさまの健康保持・増進などの有益と思われる目的のためにのみ健診結果を利用いたします。

※ご不明な点は、保健事業課TEL 052-618-5517までお問い合わせください。